スポンサーサイト ::: 2018.05.30 Wednesday

 

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

前田利家(志木沢郁) ::: 2015.05.14 Thursday

 

前田利家(志木沢郁)読み終わりましたという感想っていうか覚書のような
面白かったです



あぶれ者の利家が信長になつくのは運命と言えた(多分)お犬と呼ばれる利家 馬になる利家 かわいい
半兵衛に「革命」という概念を教わった秀吉 伝聞でも半兵衛が出ると嬉しいね
長連龍という人がだいぶ面白そうだったのでまたそのうち勉強したい
志木沢さん作品によく出てくる忠興、今回もやはり出てきてくれて嬉しい。利家の息子、利長と談笑する忠興 細面の忠興 父親とそりの合わない忠興 よいものです

信長が死んで秀吉が死んで、いよいよ時代に取り残されて行くという感じの利家ですが、そんな利家を羨ましく思う者もおり、しかし素直に羨ましがったり眩しがることが出来るのは利家がもうすぐ死んでしまう人だからだろうな、というのも解って何だか切ない感じでした

| 1/1PAGES |

 

 

家紋の擬人化/全部フィクション/禁無断転載
かいこ/くやま http://dearuka.web.fc2.com/(banner)
リンクフリーです
連絡先→dearuka_kaikoアットyahoo.co.jp

ツイッター

 

書籍版のご案内

 

selected entries

 

categories

 

archives

 

profile

 

others

 

無料ブログ作成サービス JUGEM